健康のために運動したほうがいいとわかっていても、なかなか実行に移せなかったんです。時間がない、道具がないとか、言い訳ばかりで、全然運動ができていませんでした。運動したほうがいいんだと分かっているけど、実行に移せない自分がイヤでした。
そんなとき、運動しようと思うから、ハードルが上がってしまって自分にはできない。すぐに挫折したら呆れられてしまう。そんな不安があったんです。そこで、日常生活の中に運動を取り入れようと思ったんです。

例えば通勤の際に駅で混んでいるエスカレーターに並ぶより、階段を使ったらエスカレーターに並ぶより少し早いし、階段を利用するのも運動になる。でも、最初の頃は毎日は辛いから、週に2回階段を利用しよう。慣れてきたら毎日、でも、疲れている時は無理はしない。と決めたり、仕事中も椅子に座りっぱなしになりがちなので、お手洗いに行った際、軽くストレッチしてみるなど。
日常生活の中で、ちょっとしたすきま時間に簡単なストレッチするなど体を動かす習慣を身につけたことで、肩こりや腰痛が改善されてきたんです。
体の調子が良くなってくると、体を動かす行為自体が楽しくなるんです。YouTubeなどで、初心者から上級者向けまで様々な運動が紹介されているので、初心者などとキーワード検索して動画を見ながら色々試してみるのも楽しいです。

身体を動かすようになってからは、気持ちもなんとなくポジティブになった気がします。嫌なことがあっても、YouTubeの動画を見ながら体を動かしていると、動画が終了する頃には落ち込んでいた理由を思い出せないんです。
運動と言われると、きちんと続けなきゃと思ってハードルが上がるけど、自宅で寝ながらできる出来るストレッチとか、手軽にできる運動はたくさんあります。通勤の際に駅で週に2日、エスカレーターではなく階段を利用する日を決めるとか、楽じゃないほうを選ぶだけでも十分運動になると思います。