水素水は自宅で作ることができます。自分で作れば市販の水素水を利用するよりも費用を抑えることができ、飲みたいときにいつでも飲むことができます。
自宅で水素水を作る方法は、水素スティックを使用する方法と水素水サーバーを利用する方法の2通りがあります。

 

水素スティックとは、マグネシウムを利用して水素を発生させる道具です。水の中に水素スティックを入れておけば水素水を作ることができます。水道水でもペットボトルの水でも作れます。水素は容器から抜けやすいので、ペットボトル容器で作るよりもアルミの容器で作るとよいでしょう。ペットボトルは水素を通しやすいのですが、アルミは通しにくい性質があります。

 

マグネシウムのスティックで水素水を作ると水にマグネシウムが残るで、味が気になることがあります。
水素水サーバーは電気分解を起こして水素を発生させます。いくつかのメーカーが販売をしています。

 

水素水サーバーは、水素スティックと違って水の中に不純物が発生しません。